「戦神MARS」でF4仔仔にドボン、仔迷な毎日を送っていましたが、この度、F4JPツアーにて間近な生KENちゃんを体験。
もう引き返せない、立派な天迷に転んでしまいました。
生で間近なKENちゃんは危険物です(笑)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
ziziさんを探せ!!
JUGEMテーマ:華流


バタバタしております。
あの役員とこの役員がかぶってまして、役員会が週4ってどーよ!!
仕事が週6ってどーよ!!ってな感じで、只今バタバタ中です。






さて、久しぶりに時間ができたので「I・KEN」なぞ行ってみましたら、
なんとパーティーの写真がUPされているじゃないですか!!




思いだしピンク〜♪♪
思いだしニタニタ〜♪♪
思いだし幸福か〜♪♪




改めてたのしかったなと。
改めて、次回はいけないなと。←がっかり。









さて、I・KENのパーティー画像にziziさんばっちり写ってました〜。
きゃーーーっっ、はーずーかーしー**(/▽/)**
顔は写ってませんよ。
でも、すっかり気を抜いているのでかなり不格好。。。Σ( ̄ロ ̄lll)
ま、でも記念ですから。
ハイ(^▽^)/










| KENちゃんパーティー | 21:34 | comments(2) | - |
KENちゃんパーティー Part9
JUGEMテーマ:華流


りんごさんにパーティー記事があがりましたね。
どんなタイミングなんでしょうか??
どこにもでないかと、ちょっと残念におもっていたところでしたので、写真一枚にちょっとテンション上がりまくってしまいました。
これは夜のお衣装だったようで。。。
なぜに「らめ」。。。
KENちゃんにはもっと似合うスーツがあっただろうに…。
で、昼が似合ってたかというと…あれはあれで地味だし…。
パンフレットで着てた様なお衣装ででてくれれば、王子様度、UPだったかなぁ〜なんてね。
欲張りですよね。








皆さんの熱〜〜〜いアンコールを無視して、ぞろぞろと運ばれてくるお料理。
おいしかったです。
確かにおいしかった。
田舎ではとっても味わえないお味でした。










でもね。
あのKENちゃんの後に食べるお料理の味なんて、はっきりいって、覚えてません。
ええ、この食いしん坊な私が、覚えてないんです。
もったいないけど、仕方ない。
いい男の前では、どんなお料理もかすんじゃうってこと、本人、きっと分かってませんよね。






お料理よりも同じ席の方とのおしゃべりがホントに楽しかったです。
みんなそれぞれにEKNちゃんが大好きなんですもの、楽しくないわけがない!!
「あーだったよね。」「こーだったよね。」って食べながら、しっかり感想を分かち合って、
更に気分が盛り上がりました。
Tさん、Kさん、Tさん、ありがとうございます。
お知り合いになれてうれしかったです。
私、スー歴はまあまあの長さですが、なんたってにわか天迷ですから、そういえば天迷のお友達っていなかったのよね。
なので、ホントに心から楽しかったです。






で、クマのケンちゃん付きのデザートをいただいていたら、突然のKENちゃん登場!!
なんか、グラス持って「楽しんでる??かんぱーい!!」って。
もう、なんかめちゃびっくりなんですけと。
前触れとか心の準備とか、いろいろ必要なのに、乾杯のためにお色直しまでしちゃってさ。
白ワイン、ぐーーーーーーーーっっっっと一気のみなんかしちゃってさ。
普通半分くらい残すでしょ(笑)
でも、残したらKENちゃんじゃない!!






ワインをあおっている姿、あごのラインのオトコマエっぷりに、ぼーぜんとした出来事でした。







いやー、オトコマエはワインを一気飲んでもオトコマエでした(爆)











黒のベストの前の端っこに金が差し色に使われてて、これは似合ってました。
背の高さがぐっと引き立つお衣装。
でも、ziziさんは金色に釘付け!!
ここにちょっとだけ金を使うなら、スーコンの金のジャケット、ぜひ着て欲しかった!!
あの場でおわらせるのはもったいない、あの金のジャケット。
ぴかぴかのKENちゃんに着せたいぴかぴかのジャケットを想像してまたまたもりあがってしまいましたとさ。














あれ、これで終わらせようと思ったのに、お見送りがのこっちゃった。。。
あれあれ。
















というわけで、つづく。










| KENちゃんパーティー | 20:39 | comments(4) | - |
KENちゃんパーティー Part8
JUGEMテーマ:華流


歌っている間もおしゃべりしている間も、ずーーーっとKENちゃんから目を離しませんでした。
だってね、絶対こっち見ないっていう自身があったんです。





私もステージに上がる方の人間なので、ステージに向かう人の目線っていうのは知っています。
近ければ近いほど、見なくても視線を感じるのです。
視線を感じる方はなかなか見られないんです。





仔は違うんですけどね。
強い視線を感じると、自然とそっちに目がいっちゃうみたいで、熱ければ熱いほど、目が合う確立が高くなる感じがします。
だから、怖くてみられない。
こっち見られたら「石になる!!」。
絶対。






でもね、KENちゃんは絶対こっち見ない。
だって、きっと恥ずかしいから。。。(じゃなかろうかと…想像)
ので、ガン見しまくりました。
今でも楽しそうに歌うKENちゃんが私のまぶたに焼き付いています。
ちなみに、去年の6月のファンミの仔も焼き付いてますけど…あはは。






9曲をほぼ完璧に歌いきって、KENちゃんはステージを去りました。
去り方もかっこよくて、みんなに投げキッスをしてステージを降りていきました。
足取りが満足そうで、その背中を見て、私が満足しました。
きっと、すごく準備したんだと思います。
選曲もいつもとちがって、好きな曲は好きな曲なんだろうけど、その中でも自分の声質や歌い方のスタイルに無理なく合うものを選んでいたと思います。
ひょっとしたら、歌のレッスンの先生からのアドバイスもあったのかも知れませんね。
バランスもよかった。
でも、ステージって魔物が住んでるっていうでしょ。
そうなんですよ。
どんなに完璧に準備していても、お客さんの具合とか、自分の体調とか、気分で出来は大きく違ってしまう。
思い通りに演奏できることなんて、人生のウチ、そう何度もないんですよ。
だから、完璧以上に完璧にするために準備するんです。
きっとKENちゃんも完璧すぎるほど完璧に準備して、きっと思った以上に良いステージになったんじゃないでしょうか。
何度もない瞬間に立ち会ったと思っています。





おしゃべりも音楽もサイコーでした。






| KENちゃんパーティー | 20:56 | comments(0) | - |
まだまだKENちゃんパーティー Part7
JUGEMテーマ:華流


しかし、KENちゃんってば、ホントに完璧なまでの美しさなのに、その美しさがモニターには写らないんです。
KENちゃんの背後には、大きなモニターがありまして、ま、もともとお店に設置されているものなんですけどね。
このモニター、2・3秒遅れるんですよ。
映像と本人が。
なまじっか近いので、それがちょっとうっとうしかったんですが、カメラの位置とモニターの位置を考えると、ま、仕方ないタイムラグかな。。。と。
そこいくと、いつもコンサートやイベで使っているシールド(この場合もシールドなのかどうなのか謎ですが、線のことです)や機材って、相当の高級品ってコトですよね。
タイムラグなしですものね。





で、モニターで見ると、いつもTVや雑誌で見るKENちゃんなんです。
でもね、生は違うんですよ。
もう、全然違う。
信じられないくらいキレイだし、なんかでてるし(オーラ??)。
近くで見るとますますキレイで、かっこよくて、セクシーで。
もうもう、夢の様なんです。
KENちゃんとビールはやっぱ生に限ります(笑)





それに驚くほどバランスが取れているんです。
頭の大きさ、身長、手足の長さ。







パーフェクト!!です。








今回のライブは終始英語でのMCでした。
英語はねぇ。。。あんまし自信ないんですよねぇ。
込み入った話になるとさっぱりわからん。






で、今回決心したこと。










英会話を勉強する!!









ちょっと本気です。
なんか、英語話してるKENちゃん、めちゃかっこよかったんですよね。







「ちょっと行ってきました〜。」
って言っていたのは、ロサンゼルスだったらしく、だいたい一ヶ月くらい滞在したようです。
その間にサーフィン、マウンテンバイク、ゴルフ(意外〜〜)に歌のレッスンをしてきたようです。
でもって、すっきりキレイに痩せたと。
トレーニングはハードだったとご本人がおっしゃってました。
頑張らないとあんなに急にすっきり来ませんよね。
ライブのために痩せたんだとしたら、なんかすっごくうれしくないですか??
あはは〜。







| KENちゃんパーティー | 20:42 | comments(0) | - |
KENちゃんパーティー Part6
JUGEMテーマ:華流


まだ書くんかい!!




はい。
まだ書きます(笑)




だって、まだKENちゃんがどんなにきれーだったか、書いてないもん。





いや〜、間近なKENちゃん中毒はすごくって、帰ってから三日続けてKENちゃん出演の夢をみました。
幸せ♪♪
パターンはいろいろだったんですけど、そのどれもが「近い」!!!!
幸せな睡眠です。







そうそう、皆さんが気になっている(気にしてないって)、あのおでこの傷は確認できませんでした。
髪の毛で隠していたわけでもなさそうです。
縫ったお医者さんがよっぽど上手だったのか、はたまたメイクで上手に隠したのか、はたまた一ヶ月のロス滞在中にキレイに治したのか。
真実はわかりませんが、とにかく、あのきれーなお顔に傷はございませんでした。
なんたって「顔で飯食ってる」んですものね。








KENちゃんってば、きれーに髪をセットしてもらっているのに、いつも通りの分け目の位置辺りで、無理矢理髪をかき分けたりして、どっちつかずになった前髪がもは〜んって、中途半端な状態に…。
「ああっ、直してあげたい!!」って会場中の天迷さんたちが思っていたと思います。
そういう私も前髪に手が行くたびに
「ついつい、そこじゃないって〜。」
と声に出してしまっていました。
舞台の端っこに行った時、たまらずスタイリストさんが「ちょっと待った」をかけて、スプレーと櫛でささっと直す場面も。。。
小さい箱で、リラックスした雰囲気ならではの珍事件でした。
KENちゃんの御髪にクシを入れるスタイリストさんに会場から「うらやましぃ〜」がいっぱいこもったため息が。。。。
客席にむかって「ピースサイン」を出すスタイリストさんが、とってもかわいらしかったです。







そして、ステージが進めば進むほど、どんどん汗をかくKENちゃん。
曲が終わる度にタオルでふきふき。
で、どんどん剥がれるドーラン。
あはは。
素顔に近くなっていく様をまざまざと見せていただきました。
いやいや、どーらんってやっぱすごいんですね。
KENちゃんってば、お世辞にも素肌はうつくしいとは言えませんが、出て来た瞬間はドーラン効果でつるっつるのぴっかぴかでしたから。。。
昔、「この中で一番肌が荒れているのは誰??」って質問に仔が「孝天」って言っていたのを思い出します。
メイクさん泣かせとか。






滝の様に流れる汗に、会場から
「脱いで〜」(上着を)コール。
これに「お行儀が悪いよ」って言うニュアンスの言葉を返していたと思います。
その割には、よっぽど熱かったのかささっと上着を脱いで、黒の鱗っぽい柄のついたシャツ一枚になり、
トレードマークの袖まくり。
お話しながらささささっと慣れた手つきで袖を両方同じ幅、同じ長さに折り曲げる辺りは、年期を感じました(爆)
ホントに見事な袖まくり!!
あとで同じ席の方と、「華麗だったねぇ〜(袖の折り方が)。目の前で見られて幸せだねぇ〜。」と盛り上がること仕切りでした。










またまた長くなってきました。
今日の所はこれくらいで。。。
って、まだ書くのか!!!









Yes!!!!










| KENちゃんパーティー | 22:07 | comments(6) | - |
KENちゃんパーティー Part5
JUGEMテーマ:華流


続いての曲は、ジャズスタンダードの名曲、「All Of Me」
CM音楽としてもちょいちょい使われたりします。





フランク・シナトラ「All of Me」@YT







スーコンを思い出して、ちょっとタップ踏んだり。
とっても楽しそうなKENちゃん。
ホントに久しぶりのタップらしく、どんどんテンポに遅れてきて、足がもつれ気味。
だけど、出だしのところはいい感じ。
スーコンの時、ホントに真剣に取り組んだんだなって、改めて感じました。
こういうのが1個あると、踊れない(??)KENちゃんとしては、ステージングに幅がでますね。





実は、曲で分かるのはここまで。
あと、二曲ほどあったと思いますが、どっちも私のしらない曲でした。
ので、もう忘却の彼方へ。。。
天迷を続けるためには、幅広〜くいろんな音楽、聞いてないとダメですね。
ちょっと古いブルースやロック、RBなどは聞かないので、そっち方面に行かれると、さっぱりです。
なさけない。。。。





というわけで、どんな曲がきてもばっちり…にするために、まずジャズ(ヴォーカルもの)から制覇するコトにしました。
ビックバンドやコンボは聞くし、ライブに行ったり、自分で演奏したりもするんだけど、ヴォーカルものは今までノーマーク。
手始めに、ナット・キングコール、ノラ・ジョーンズ、サラ・ヴォーンなどをレンタルしてみました。
久しぶりに聞くジャズは、やはり音楽性の高さに下を巻きました。
ノラ・ジョーンズから聞いてみたのですが、すっかりとりこです。
素敵♪♪♪
こんな風に歌えたら、きっと気持ちいいでしょうね〜。







さてさて、まだまだつづけますよ、KENちゃんパーティー、小出し作戦。
あはは。
今日のところはこのくらいで。。。










| KENちゃんパーティー | 21:04 | comments(0) | - |
KENちゃんパーティー Part4
JUGEMテーマ:華流


二曲目か三曲目だと思い込んでいた「Smile」…。
実は最後の曲だったんですね。
ホント、うる覚えで申し訳ないです。
が、このままうるおぼレポ、続けます。
自分のために!!←結局そこかよ。。。







バラ色の人生@YT





エディット・ピアフの歌声で有名な曲ですが、あえて私の大好きなサッチモ、ルイ・アームストロングのトランペットと歌声で。
すすり泣く様な寂しげな音色のトランペットも好きですが、なんといってもあの歌声。
一般にはがらがら声といっても差し支えないお声ですが、どんな歌をどんな風に歌ってもサッチモ。
ツーコーラス目に歌が入っています。
心をがっしりわしづかみにしちゃうミュージシャンだと思います。






で、KENちゃんのLa vie en roseは…。
もうセクシ〜。
紫〜。
ピンク〜。
全身からにじみ出すフェロモン〜。






なんかもっはぁ〜って色気のオーラをまとってました。
こんなところでフェロモン大量放出してもいいんでしょうか。
●●物陳列罪にはならないのでしょうか。
頭がぼーーーーっっとするくらいセクシーでした。











つづけて「マシェリ・アモーレ」だったと思うんですけど、もう全く自信がないです。。。。



マ・シェリ・アモーレ@YT




ラテン、ボサノバのナンバーかと思いきや、スティービー・ワンダーの代表作なんですね。
知らなかった。。。←結構はずかしい。。。
スティービー・ワンダーといえば「ぱっ、たーま、らばー」しかしらない。。。ゴメンなさい。





スタンダードジャズもいいけど、KENちゃん、今度はぜひラテンにチャレンジしてほしいなぁ〜。
そういえば、ママレード・ボーイの中で、「エル・クンバンチェロ」って曲を口ずさんでいたことがあったんです。
指使った手品みたいのやっているシーンで。
そん時に、なんでこの曲知っているんだろう。。。ってちょっとだけ不思議に思ったことがありました。
「エル・クンバンチェロ」といえば、吹奏楽でみんなが狂喜乱舞して演奏するラテンの名曲。
そして、10年前もみんな大好き!!10年たってもみんな大好き!!な曲なんです。
ちなみに、去年の年末も演奏しました。←狂喜乱舞しながら。。。(爆)




いやはや、KENちゃんの聴く音楽の幅の広さには頭が下がります。
そのうち、バッハやベートーヴェンも語りだしたりするんじゃないでしょうか。
音楽も食べ物も食わず嫌いはナシってことかな。





そうそう、「マ・シェリ」ですね。
これも上記のラ・ビアン・ローズ同様、やばかったです。
特に「あも〜れ」のところが、ぞくぞくで。
スポットは白と暗転様のブルーしかなかったと記憶していますが、
自動パープルフィルター&自動バックに薔薇フィルターが作動していました。
誰か私を止めて〜〜〜っっ!!!!






















| KENちゃんパーティー | 22:06 | comments(0) | - |
KENちゃんパーティー Part3
JUGEMテーマ:華流



席は4人掛け。
次々に来られる方、来られる方、一瞬にして自分を失われていました。
その頃私は30分以上、そこにいた上、素面じゃ正気を保てないと判断、アルコールをいただき、
なんとか落ち着いていました。
この席、冷静になるのに時間が必要です。





14:05頃、ステージスタート。
暗転してスポットの中にあらわれた(と思う。もうほとんど覚えていません。)KENちゃんは、
あのカメラマンさんからは想像もつかないほどほっそりとして、グレーのスーツがよく似合っていて、
足が長くて、手が綺麗で、目がきらきらしてて、髪型もちょっと短めになって素敵で、もうもう、




きゃーーーーーーーっっ!!!!!!





でした。








なにより驚いたのはその歌唱力です。
去年よりも格段に上手くなっていました。
表現に幅も出てきたし、無理なシャウトもなく、乾いた甘い歌声を披露してくれました。
自分のスタイルを築いたんですね。
ミュージシャンっていうのはスタイルが大切なんです。
テクニックももちろん大事だけど、人を惹きつけてやまない「何か」。
自分にしかない「何か」。
これをつかむといろんなものが見えてきます。
テクニックが先の人、スタイルが先の人、天才的にどっちも同時にこなしちゃう神童タイプ、
いろいろありますが、すごく上手いだけでは感動しないんです。
そこに「何か」がないと。
KENちゃん、KENちゃんだけの「何か」をつかんでいました。
次のアルバム(出して欲しい)が楽しみです。
次のコンサートも。








曲目はスウィングを中心にしたJAZZだと思ったのですが、あとあとよく調べてみるとPOPSも含まれていたみたいです。
ま、アレンジは全スウィングだったと思います。
↑おぼろげ。。。。






一曲目はミディアムスウィングにアレンジされた「星に願いを」
一般的な「星に願いを」よりもノリが軽くて明るい感じでした。
KENちゃんの楽しそうな、うれしそうな表情が印象的でした。



●ouTube カールスモーキー石井さんVer
これ、アクが強すぎて貼りたくないんだけど、ほかに近いアレンジのものが見つかりませんでした。
石井さんってば、なにをやってもどこまで行っても濃い〜〜〜っっ。



二曲目は確か…(すでにおぼろげ…ちがったらゴメンなさい)「Kissing a fool」だったような…。
三曲目だと思う「Smile」とどっちが先でどっちが後だったかわかんなくなっちゃいました。



YT 「Kissing a Fool」

YT 「Smile」




「Kissing a Fool」の時はちっちゃい「ちゅっ」が飛んできてくらっ。
そして、今回の曲の中で私が一番好きな曲。
歌い回しや間の取り方なんか、すごく研究してあったと思います。
何より、みんなに笑顔になってもらいたい、笑顔でいたいっていうKENちゃん自信の気持ちがずっしり込められていて
感動しました。
このナット・キング・コールの歌声も素敵です。
ひょっとしたらKENちゃん、コレを参考にしたのかも…。
大御所だし、当然聴いているだろうし。









| KENちゃんパーティー | 22:13 | comments(2) | - |
本日のKENちゃん
JUGEMテーマ:華流



中華新聞記事



読む元気も訳す元気もないけど、今日のKENちゃんこんな感じ。
髪型も含め。
コレいつ撮ったんだろうね。
髪は昨日切ったって言ってたと思うけど???





| KENちゃんパーティー | 23:59 | comments(0) | - |
テーマカラーは白
JUGEMテーマ:華流


帰りの新幹線の中で道々いろいろ考えて見たのですが、今回くまも含めて、
テーマカラーにあえて白を選んだのは、KENちゃん自信の心境や決心の現れだったのではないかと思ったりします。





KENちゃん的にはこの2・3年、お父さんが亡くなったり、仕事が思う様に行かなかったりと、最悪な年だったそうで、その話をする時の表情がホントに辛そうだったので、私たちが感じている以上に、身の振り方も含めて、悩んでいたんだな、と感じました。
年齢的にもそういう時期であったと思います。





そんなKENちゃんが、自分の足でしっかりと立っている。
自分の行く道をちゃんと見据えている姿が見られました。
自分の持ち歌を一切歌わず、好きな曲というだけでなく、音域と雰囲気が自分の声にぴったり合うものを選曲。
それもジャズのスタンダードばかり。





舞台も含めてLIVEにこだわっていくKENちゃんの姿勢。
自分のスタイルをしっかりと確立して、歌にも余裕がありました。
声もいつもの乾いた歌声はもちろん、ソフトな低音や、軽い高音、表現にも幅が広がり、音程も安定。







今回は今までのカラを脱ぎ捨てて、まっさらなKENちゃんで勝負したんだなって。
だから「白」なんだって。






それに、今までで一番痩せてました。
あのトレーナーカメラマンはどこへ〜〜〜???







あ、また長くなっちゃった。。。。いかんな。









| KENちゃんパーティー | 23:46 | comments(0) | - |

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRY
PROFILE
RECENT COMMENT
CATEGORY
ARCHIVES
LINKS
My Favorite Things
毎日勉強♪
カウンター
歡迎光臨
現在の閲覧者数:
OTHER